料理人が海外転職活動をする際に、まず気をつけた方が良い2つの事。

コラム

  • HOME
  • BLOG
  • コラム
  • 料理人が海外転職活動をする際に、まず気をつけた方が良い2つの事。

こんにちは。和食エージェントの佐野です。

和食料理人の転職先は世界中にあり、各国によって雇用条件が異なってきます。
まず初めにチェックする必要があることは『現地の物価』です。

国によってかなり物価の価値が異なります。
例えば、マレーシアやベトナムなどの国は物価が日本に比べて安いのに対して、上海やシンガポールなどは物価が日本より高いという状況があります。

物価の違いで出てくる問題は主に月々に掛かる生活コストの金額です。
給料が高くても生活コストが高ければ、意味がありません。

例えば、衣食住が全く同じ条件だとしたら、シンガポールで年収1000万円の料理人と他の東南アジアの国の年収450万円の料理人は年間に貯蓄出来る金額がほぼ同じです。
アメリカやヨーロッパ圏でも同じような現象が起きると思います。

転職先を決める際は年収だけでなく、その国の生活コストを一度試算してみる事が重要だと思います。

物価チェックの次は『家賃手当や社員寮の有無』です。

こちらも生活コストに関わってくる事ですが、多くの求人には
“家賃補助あり”“社員寮あり“などの記載がある事が多いと思います。

ですが、一言で家賃補助と言っても、月いくら支給なのか?社員寮は個別なのか?
などしっかりと詳細を聞く事が重要です。

例えばシンガポールなどは1LDKでも家賃が25万円以上するので、家賃補助が10万円などでは割に合いません。
社員寮も3LDKに4人とかで住まわせるケースなども良く耳にします。

採用が決まってから話が違う、割に合わないなどならない様にひとまずこの2点をしっかりと確認することが大事だと思います。

Related posts