料理人の海外転職 成功事例

海外転職に成功した先輩たちにインタビュー

  • HOME
  • Review
  • 海外に出て働きたいけど悩んでいる板前さんへ

Naoya Kawasaki 寿司職人

海外に出て働きたいけど悩んでいる板前さんへ

私はMalaysiaに約5年住んでいます。5年前の事を思い出しながらですが参考になればと思います。
最初に「なぜ、海外に出る事を悩むか?」
・英語が喋れない
・生活が不安
・結婚していて身動きが取れない
・今の生活がストレスを感じながらも心地よい ‘変えたくない ’
・今の仕事を辞めれない
・chanceがない
など色々出れない理由はあると思います。

不安は皆持ってると思います。でもそれは日本にいても同じだと思います。
言葉だけが同じで理由は同じでは無いですか?
これはあくまで私の実体験でしかありませんが・・・。chanceは平等に有るし、ダメなら帰ってくればいいっと本当に軽い気持ちで最初は来ました。
当たり前のように英語も喋れない、話せない。Malaysiaがどこにあるのかもわからない。
パスポートもない。飛行機にも乗ったことがない。笑えるくらい何もわからないまま単身で来ました。
今の世の中だったら行こうと思えば海外にみんなが行けると思います。ただ、その1歩を踏み出さないでいるだけだと思います。
回り道をしないとわからないことも多い、チャレンジ、トライをしないと視野が広がらないと思います。
失敗したら修正していけばいいのでは無いでしょうか?
私は何かをやらないで考えだけで終わらせることは嫌だったので行動にうつしました。

今は昔と違います。情報も前より数段に確実にリアルタイムで解るし、やりたいと思う事がやれる世の中だと思います。
飲食店で働いている人達もそれは同じだと思います。修行の仕方も違えば、教え方も勉強の仕方も違います。

伝統ある仕事もとても大事だとは思いますが、型にはまった事だけが正解とは限りません。
最後は自分が決めることだとは思いますが、既に日本も外国人のお客様がとても多いです。英語は必須です。
でも日本にいると習いに行く時間もなく誰も教えてくれない。 海外では覚えなくてはいけない状態にあるので必然的に生きた英語が身につきます。
1歩踏み出して世界観を変えていきましょう。日本では得れない色々な事を考えられるし、楽しい時間も過ごせます。

今を、これからを、楽しく過ごしてみたくは無いですか?